故障かな? と思ったら。

以下のお問い合わせを解説しています。

 1.音が出ない

 2.デバイスに繋がらない
 3.距離が異なる
 4.跳ね返し板の左にあたったのに、角度0と表示される

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.音が出ない

インバーディーテンポ本体からは音が出ません。 
デバイスが繋がっている場合は、スマホの音の設定に何らかの問題があるかと思われます。

1.スマホアプリの音が出ない場合は、 
(1)一度アプリを完全に閉じて再度開くと正常につながります。 
(2)それでも回復しない場合、本体の電源を一度外した後、再度接続していただければ治ります。 
(1)(2)をお試しいただいても音が出ない場合は、  

1・音量を確認 
2・「サイレントモード」になっていないか確認 
3・「おやすみモード」になっていないか確認 
4・ブルートゥース Bluetooth 
  Bluetoothがオンになっているだけであれば問題ありませんが、イヤホンやスピーカーなどと接続されている状態であれば、そちらのアクセサリーから音が流れてしまいます。 
5・一時的なiOSの不具合 
  一時的にiOSに不具合が発生しているのかも知れません。 
  本体を再起動して、再度音が出るか確認してみると良いでしょう。 
 
以上をお試しいただいても音が出ない場合は、お手数ですがご連絡をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.デバイスに繋がらない

 ほとんどは BluetoothだけONになっていて、位置情報のほうがOFFになっている場合です 
InBirdieゲームアプリの場合、スマホで「Bluetooth」と「位置情報」が両方ONになっていなければ InBirdieゲームアプリと機器がつながりません。

次のような手順で進めていただいた場合、接続されるのが正常です。 
1. InBirdie TEMPOに電源接続 
2. スマホの「Bluetooth」、「位置情報」が「ON」になっていることを確認 
3. InBirdieゲームアプリを立ち上げ 
4. InBirdieゲームアプリメイン画面で「デバイス検索」をクリック 

上記の方法で問題が解決しない場合、追加的に下記方法もお試しいただけますようにお願いいたします。 
1. InBirdieゲームアプリ削除後に再インストール 
2. スマホの再起動

以上をお試しいただいても接続できない場合は、
お手数ですがご連絡をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.距離が異なる

質問:パッティングした後、本体で表示されるボールが転がった距離とスマホのアプリで表示される距離が異なるときがたまにあります。カップインしたときはアプリはカップまでの距離が転がった距離と表示されますが、そのような場合でなく、カップインしていません。感覚的には本体の表示があっている気がするので、アプリのバグか通信の不具合か何かでしょうか。 

回答:スマホアプリから表示される距離は、本体の距離データを受けて表示しております。 
したがって、本体で表示される距離とスマホアプリで表示される距離は同じです。 
 
ただし、「ホールカップ」が適用されている「ホールインゲーム」の場合、異なるケースがあります。 
ホールインゲームもまた本体の距離データを受けて表示しておりますが、次のように異なります。 
→本体から表示されるパッティング距離はホールカップの抵抗のない平地状態での最終距離が出ます。 
一方、ホールインゲームの場合、ホールカップを通り過ぎたり、 当たって跳ねたりする際に生じる抵抗により最終距離が変わるため、 結果的に本体表示のパッティング距離と変わってきます。 

ホールカップのないメニュー(「パッティングゲーム」や「369ゲーム」)の場合は、本体表示の距離と変わらないです。 
 
●さらに申し上げますと、 
ホールインゲーム中、ホールカップによる抵抗もなかったのに(例:5m先にホールカップがあり、4mパッティングしたとき。つまりホールカップによるボールへの影響はない。)、距離が異なるケースもございます。 
 
この内容についてより詳細に申し上げますと、 
ホールインゲームの中には「物理エンジン(Physics engine)」が適用されています。 
実体を持たずグラフィック(絵)に過ぎないボールがゲームの中の108mmのホールカップに入ったり、 跳ねたりすることを計算して、あたかも実体があるかのようにリアルに表示させるためのプログラムです。 
先に申し上げた通り、ほかのメニューには適用されていない「物理エンジン」がホールインゲームには適用されているため、 様々な計算により、本体表示の距離と10~40cmの距離の差が生じ得ます。 
 
*今後、ホールインゲーム時の本体表示距離との差は、アプリのアップデートを通じて違和感のないように持続的にマッチングしていく予定です。 
*ホールインゲームの時に本体表示の距離データを信頼していただきますとより正確な練習になります。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.跳ね返し板の左にあたったのに、角度0と表示される

質問:跳ね返し板の左側に当たったのに、インバーディの角度では0度と測定されました

回答:ボールの角度測定はボールが出発し、20cm区間で正確に測定されて表示されます。(※1以下解説) 
したがって、測定後の実際のマット上で動くボールの軌跡は周辺環境によって方向が変わる場合がございます。 
ここで言う周辺環境というのは、「マットの置かれた状態(しわや曲がり)、置かれた床の水平さ、ボールのスピンなど」で様々です。 
従って、実際マット上を動くボールの方向よりインバーディで測定される角度を基準にして練習していただく必要がございます。 
 
(※1)そのため、センサーの位置が出発点にあります。 
もし、センサーが跳ね返し板のほうにあると、同じパッティングをしても周辺環境によって結果が変わるので、一貫した測定が難しくなります。 
 
【補足】もし、インバーディで表示される角度が信頼できない場合は、下記の方法で直接ご確認いただけます。 
正確な測定のためには、30cmの金属製物差し(曲尺・差し金)を正確にボールのスタートポイントに置き、それに従ってボールを転がす方法がございます。 
センサーはとても敏感で +0.5 ~-0.5程度の違いは出る可能性もありますが、正確にまっすぐ転がすと0度に収まります。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以降、お問い合わせ内容が増えましたら、順次追加してまいります。